本文へスキップ

中央製乳株式会社は、愛知を地元として、地産地消にこだわった製品などを製造する乳製品メーカーです。

工場見学についてPLANT TOUR

ご家庭でおなじみの1リットルのパック牛乳や、学校給食用の牛乳ができる様子を   見に来ませんか?
酪農家さんから運ばれてくる生乳を受け入れるところからスタートし、
製品が出来上がるまでの製造工程をご案内いたします。
見学の最後には、ささやかではありますが弊社製品の試食もあります。
ぜひお気軽にお問合せください。

 開催:平日(月〜金)の9時〜15時の間(12時〜13時は除きます)
    (所要時間は約60〜80分ほど)
    ※階段でのご移動があります。
     新工場(1階→4階→2階→1階)→旧工場(1階→2階→1階)
 人数:団体10名様より
 費用:無料です
※お問合せ・お申し込み:中央製乳 販売課
            電話(0532)25-1157(代表) 平日 9:00〜16:00

☆それではここで、見学に行ってみようか やめとこうかと迷っている方のために、
 ちょっとだけ工場の中をお見せします!

 

@会社正面から

奥には、見学する工場が見えます。手前には巨大な円柱の物体が何本も立っています。
・・・この円柱の物は、いったい
何だろう?

 

A受乳場(じゅにゅうば)

酪農家さんからの生乳をここで受け入れ。生乳をいっぱい入れたタンクローリーがひんぱんに入ってきます。
・・・地面の緑色の鉄板は何のためにあるのかな?
 

Bいよいよ工場へ

5階立ての工場。
4階と2階が見学ルートになっています。
・・・それでは、さっそく入って
みましょう!

 

C4階の見学ルート

このフロアでは生乳の殺菌などをしています。
・・・タンクがいくつもあるし、見慣れない機械もたくさん!


 

D2階の見学ルート

充填機のフロア。タイミングが合えば、コンベアに見覚えのある製品が流れているかも。
・・・どの機械でどんな製品を作っているのかな?

 

E見学ルートの最後は・・・

「メタルチャーン」と呼ばれる機械。約1.5mの金属製の立方体がぐるぐる回転します。
・・・コレは何を作る機械なんだろう?

いかがでしたか? くわしくは、実際に工場へ見学に来て 確かめてくださいね!
お申し込みをお待ちしています!




バナースペース

中央製乳株式会社

〒441-8134
愛知県豊橋市植田町字八尻12番地

TEL 0532-25-1157
FAX 0532-25-5245